星(HOSHI)のスペシャルエアロスポーク

今日は久々にロングライド用のARAYAのホイールに着け変えてみました。
画像

このホイールは1月に星(HOSHI)のエアロスポークに組み直したんですが、「ツールド八ヶ岳」の練習ではWH-6700のホイールを使っていたので出番がありませんでした。
この星のエアロスポークはCX-Rayほど鋭い楕円の形状ではなく、プレーンのスポークを少し扁平にした形状です。
寸法的には1.8mmの丸いプレーンをプレスで1.2mm×2.2mmにつぶした感じです。
そこで、もう少し空力的に良くする為にCX-Rayに近い形状にする事にしました。
どうやったかというと、当然1本1本ヤスリがけです(^_^;)
組んだ後なので、やりにくい事このうえないのですが、100金で買ったダイヤモンドヤスリが思いのほか良く削れたので、気が向いた時に少しづつやすって3ヶ月で完成しました。星のスペシャルエアロスポークです(^_^;)

さっそく走ってみましたが、久々に乗ったのでWH-6700との違いが良くわかります。
タイヤの違いなどもあるんですが、明らかに角の取れた乗り心地で上質な感じがします。
WH-6700も良いホイールなんですが、ロングライドならこのホイールの方が疲れなくて長距離を走れそうです。
DURA-ACEの滑らかなハブとARAYAの軽量なリム、VELOFLEXレコードのしなやかなタイヤの組み合わせに星のスペシャルスポークはかなり満足度の高い仕上がりになりました。
画像


今日は天気も良かったので、法論堂林道の半原越えを走ってみます。
走り慣れた途中の道もマイルドな走りやすさを感じました。
走りの感じを表現するのはなかなか難しいんですが、細かいノイズ(振動)が減って滑らかに進んでいく感じです。
途中の森の里近くの緩やかな上りになっている1km区間でTTをやってみます。
エアロの効果があれば2分を切れると思いますがどうでしょうか。
左からの弱い風のコンデションでしたが、タイムは1分57秒とWH-7600のベストタイムと同じでした。
風による影響の方が大きいと思いますが、スペシャルスポークによるエアロ効果も若干あったと思いたいですね(^_^;)
半原越えでは、いつもの橋の上からタイムを計ってみます。
画像

走り始めの区間で杉の木を伐採していたので、少し明るくなったような感じです。
丸太小屋付近の10%もスムーズに上っていけます。中間区間の5~6%もスピードに乗れる感じです。
後半の10%区間はさすがにきついですが、それでも心肺が一杯一杯になる事もなくゴールしました。
タイムは22分21秒とWH-6700とあまり変わらない感じです。

下りでは新緑を眺めながらゆっくりと下っていきます。
山藤が何カ所も綺麗に咲いていました。いつ走ってもこの半原越えは気持ちいいですね。
画像

丸太小屋あたりでは、山アジサイが綺麗に咲いています。シャガも道ばたを可愛く色取っていました。
画像

清川村まで来たらいつもの「手作りのパン ヘブン」で補給をします。
今日はクロワッサンです。このクロワッサンは初めての食感です。
よくあるクロワッサンはパイ生地的なサクサク感だけですが、サクサク感とモチモチ感が合わさったような感じです。
味もあっさりとした感じと、どっしりとした感じが合わさっています。
オーブンで焼くとさらに美味しそうです。
画像




この記事へのコメント