ロードバイクの体感温度と熱中症

先日書いた記事で「ロードバイクで突然死を防ぐには」 というのにアクセスが多く、健康の為の始めたロードバイクだけど、実は体に無理になっているんじゃないかと不安な人が多いのではと思います。
インターネットで検索してみても同じような記事が多く、今ひとつ知りたい事や納得する記事が少ないんだと思います。

この時期は自転車雑誌にも夏の特集記事が多いんですが、「給水はしっかり」と「UVや熱中症対策グッズ」が載っているだけで、具体的な事がわかりませんよね。
そこで、夏の暑い時期に自転車に乗って自分なりに感じた事を書いてみたいと思います。

室内で3本ローラーをやる時に、室温が25度までなら扇風機の風を当てなくても大丈夫ですが、28度ぐらいの時は扇風機を「強」にして体に風を当てています。
風を当てていても少し汗をかきますが、扇風機を止めたらものすごい汗が出てきます。
こんなに汗をかいていたらすぐに脱水症状になってしまいそうです。
扇風機の風は「強」の時で風速3~4m/sです。風による体感温度は1m/sで1℃下がるので、扇風機の風が当たると体感温度は25℃ぐらいになっています。

自転車で道路を走っている時の体感温度はどうなっているでしょうか?
早朝に走っていると、6時ぐらいは本当に清々しくて気持ちがいいんですが、8時頃になると気温が30度ぐらいになり暑く感じはじめ汗も出てきます。
町中の道は信号待ちが多く、けっこうスピードを出しているつもりでも、平均時速は20km/hぐらいで秒速だと5.5m/sです。
信号の多い町中では、気温が30℃の時に平均時速20km/hの時の体感温度を計算すると、24.5℃ぐらいになります。
つまり、気温が30℃以上の町中の道路を走ると体温が上がりすぎて熱中症の危険があるという事です。
たとえば、気温が35℃の時に平均時速20km/hでは体感温度が29.5℃になるのでかなり危険です。

つまり、夏の自転車で大切なのは「体感温度が25℃以下になっているか」という事です。
その日の気温と平均速度から体感温度を計算し、25℃以上になっていたら熱中症の危険性があるという事です。
30℃を越えていてもスピードに乗って走れる人や、信号待ちの少ない道なら気温が33℃ぐらいまでは大丈夫だと思いますが、スピードの遅い人や信号待ちの多い道では30℃以下でも危ないかもしれません。
健康を目的に走っている平均的なスピードの人なら、気温が30℃以上の時は走らない方が安全だと思います。
日中の暑い時間帯を避けて、早朝や夕方の涼しい時に走るのが健康にもいいと思いますよ。



この記事へのコメント