72°ずらした38Tのバイオペースのインプレッション

前回までの2回でバイオペースが使えるかの検証をしてきました。

72°ずらした42Tのバイオペースは、上りが重くなるものの良いタイムがでました。
一方通常の位置に戻したところ、上りで軽くはなるがタイムは遅くなってしまいました。
72°ずらして取り付けるとかなり好印象だったんですが、ギヤが42Tとちょっと重すぎて、10%の区間はやっと上る状態でした。
そこで、38Tのバイオペースをヤフオクで落札して取り付けてみました。
その結果はどうだったでしょうか?

取り付けた状態はこんな感じです。
インナーが38Tでアウターが48Tです。
画像

さっそく走ってみますが、アウターも4T小さくなったので走りが軽い感じがします。
今日もいつもの「半原越え」でタイムを計りに行きます。
いつもの緩い上りでは26.4kmといつもよりわずかに早いようです。
ここ1ヶ月間実走ができなくて3本ローラーばかりだったので、外を走るのはとても気持ちがいいですね。
清川村役場手前の坂では、いつもは26Tで上るんですが、23Tでも行けそうなぐらいで楽に上れます。

半原越えの入口までも30分19秒と、42Tの時とほぼ同じタイムです。
少し心拍を整えてスタートします。
スタート直後の5%ぐらいの上りで軽く上れる感じがします。
真円リングの38Tではこのあたりでもグッと重くなる感じがするんですが、38Tのバイオペースは3時あたりの踏み込みは重くなるんですが、その他の部分が軽くなるので全体としては軽くなった印象です。
10%の箇所でも真円の38Tより軽い印象です。
中間の5~6%区間は、42Tのバイオペースでは後ろが26Tでは踏めずに30Tで走りましたが、26Tでも軽く踏めている感じです。
後半の10%区間では、真円の38Tより少しだけ軽く上れる印象です。
コンパクトクランクの34Tでもいやになるほどの上りが続くんですが、38Tのバイオペースは3時付近をしっかり踏み込める感じで、それほど重い感じがなく、真円の34Tに近い感じの印象です。
心拍は42Tのバイオペースの時より若干高くなっていますが、きつさの感じは全然違って楽に上れる感じです。

タイムはどうだったかと言うと、22分16秒。
42Tの時が22分11秒でやっと上ってかなりきつかった事を考えると、今回は心拍は少し上がったものの体力的には楽に上れた感じです。

バイオペースの42Tはちょっと重すぎる感じですが、38Tは非常にいい感じです。
コンパクトクランクを着けている人はPCDが110なので、これが使えると思います。
72°ずらして取り付ければ、今の楕円リングのフィーリングが少し味わえると思います。

清川村あたりはいろんな花が咲いて気持ちの良いサイクリングコースです。
半原越えの入口にあるお地蔵さんと、大きな椿に花がたくさん咲いていました。
画像

途中の「おやじの花畑」もチューリップが咲き始めています。
画像

今日の補給はいつもの「手作りパンの店 ヘブン」です。
画像

パンの部分は少し固めのしっかりとした味があり、クリームは甘さを少しおさえた美味しいカスタードクリームパンです。
少し下って、飯山のしだれ桜を見てみます。
このあたりで一番大きなしだれ桜で、個人のお宅の庭に今年も綺麗に咲いています。
画像

"72°ずらした38Tのバイオペースのインプレッション" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント